« ようこそ 小川佳純 富山貴光 | トップページ | 2017年J1リーグ第23節 vsベガルタ仙台 »

2017年8月13日 (日)

2017年J1リーグ第22節 vs大宮アルディージャ

大宮アルディージャ 1-0 アルビレックス新潟

スタッツはこちら



東京戦のドローで一度は止めるも再びの2連敗。泥沼の新潟。
直近5戦で2分3敗。一度掴んだ復調の兆しを手放しつつある大宮。
降格圏に沈む両軍が迎える、残留に向けた裏天王山。
頼みのセットプレーも軒並み空砲。終わりを告げる3連続完封負け。

新潟のスタメンはGKに大谷。
最終ライン右から小泉・大武・富澤・堀米の4バック。
中盤の底に磯村と加藤大。両サイドハーフに矢野貴章と山崎。
トップ下にチアゴガリャルド、1トップにタンキという4-2-3-1の布陣。

大宮のスタメンはGKに加藤。
最終ライン右から奥井・河本・菊地・和田拓也の4バック。
アンカーに大山。茨田・カウエの両インサイドハーフ。
マテウス・江坂の両翼、マルセロトスカーノ1トップという4-1-4-1の布陣。

この大一番、最初の決定機は3分の新潟。ガリャルドのロングスローから。
狙った矢野には渡らなかったものの、PA内でスクランブル。
着弾点のタンキが粘り、左足シュートを放つもGKセーブという場面。
タンキの力強さを生かしたシンプルな攻撃を完結。悪くない入り。

その後は大宮も新加入のマルセロトスカーノを中心に反撃。
14分にはマルセロのドリブルを止め切れず、クロスを許してあわやの場面。
ただ、両軍共にまずは守備からという意図が強く感じられ、
リスクを冒して攻撃に転じようとする姿勢は余り感じられず。

そんな試合を動かす要素になり得るのはセットプレー。19分の新潟。
ガリャルドがミスに乗じて得たFK。加藤大が送り込んだボールに対し、
矢野が潰れてこぼれを拾った富澤がボレー。これは大きく枠の上。
21分にはガリャルドのCKをタンキが頭で叩くもGKキャッチ。
最近はセットプレーから好機を生み出せていますね。あとは決めるだけ。

前半中頃から終盤にかけては大宮に決定機が連続。
まずは33分。左サイドを攻略され、マルセロがクロスを送り込むと、
ゴール前に飛び込んだカウエに頭で叩かれ枠内シュート。これはGK正面。
続いて37分。マテウスにドリブルで切り裂かれ、江坂に裏抜けを許し、
最後はマルセロに右足で放たれるも、ここは守備陣が連続ブロック。

これらの場面で感じたのは、CBを中心とした身体を投げ出す意識。
最後の最後、富澤を中心に粘り強く跳ね返し続けマウスを死守。
こういった意識を持つ選手が揃っていれば、そう易々とは失点しません。
結局前半はスコアレスで折り返し。静かな一進一退という展開でした。

後半開始早々の大宮。中央でのリズミカルな崩しを経由して決定機。
カウエは強さと上手さを兼ね備えた、非常に危険な選手でした。
大宮が良い入りを見せた後半の戦い。しかし決定機は60分の新潟。

ガリャルドがCKを送り込むと、中央でジャンプ一番叩いたのは矢野。
GK加藤が見送るしかない完璧な弾道で叩きつけるも、
これを間一髪抜群のポジショニングで掻き出したのが江坂。
千載一遇の決定機を相手のファインプレーで逸した新潟。
漠然とですが、この瞬間に勝利の目は潰えたように感じました。

そんな漠然とした印象を更に強めたのが61分の小泉の暴挙。
一瞬何が起きたのか理解出来ませんでしたが、なんて事はなく、
憂さ晴らしで笛が吹かれた後ボールを蹴り飛ばしただけだったようです。
チームの状況、この試合の重要性、その他諸々を台無しにする暴挙。
こんな事をする選手はピッチ上に必要ありません。

しかし呂比須はそう考えなかったのか70分。新潟は磯村に替えてホニを投入。
この交代も解せませんでしたね。タンキへの執拗な対応から察するに、
大宮がホニにしてやられるような甘い守備を敷いているとは考えられず、
逆に前線の硬直化を招く危険すらあったホニの起用に固執し、
しかも小泉を残して預け所となっていた磯村を下げるという不可解な采配。

そしてその直後の72分。新潟を奈落の底へ突き落す致命的な先制点。
大宮のFKを一度は跳ね返すも、こぼれを再び送り込まれて空中戦。
着弾点の河本が頭で落とし、最後は江坂が見事な左足ボレーで仕上げ。
守備陣を弄った直後のFKという事もあり、嫌な予感はしていたのですが。
ブロックしきれなかった矢野の姿が切なかったですね。

1点のビハインドを背負った新潟。
78分には山崎に替えて伊藤優汰、タンキに替えて河田を同時投入。
伊藤は妙な警告を受けた事しか印象に残らず。悪くはなかったですが。
一方で河田は存在感を発揮。得点への強い執着は非常に好印象。

最終盤の新潟。死力を尽くして大宮ゴールマウスに迫るも、
気持ちだけでどうにかなるのであれば苦労はありません。
工夫のない単調な攻撃に終始し、頼みの綱のセットプレーも不発。
0-1のまま試合終了の笛。限りなく薄かった残留可能性は潰えました。

さて、あまり振り返る内容の無い試合だったかと思います。
可能性を感じたのはセットプレー絡みの攻撃だけでしたし、
前節微かに感じられた流動性のある攻撃は皆無。
タンキを潰されると他に何も無い事が証明されてしまいました。

また、戦う相手を間違えているような選手が散見された事も残念でした。
確かに疑問に思う判定もありましたが、それに反応する事で
プレーに関する集中が途切れてしまうのは完全に本末転倒。
執拗な抗議は最下位のクラブに相応しいそれに思えてしまいました。

今後は来季以降を見据えた選手起用をしなければならない、
そんな所まで来てしまったのかもしれません。
完全に主観ですが、河田のプレーからは勝利への貪欲さを感じました。
そういった選手達にチャンスを与えて欲しいですね。
次節はホームでの仙台戦。戦いぶりに注目したいと思います。

« ようこそ 小川佳純 富山貴光 | トップページ | 2017年J1リーグ第23節 vsベガルタ仙台 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2001602/71413326

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年J1リーグ第22節 vs大宮アルディージャ:

« ようこそ 小川佳純 富山貴光 | トップページ | 2017年J1リーグ第23節 vsベガルタ仙台 »